AI (人工知能)

抽象的な眼球の画像

AIはわたしたちのバディとなる

生成AIの登場により、AIの技術は2つの側面で飛躍的に進化しました。1つ目は、人間が話す自然言語や非定型のデータを使ってAIと効率的にやり取りができるようになったことです。これによって、誰でもAIの恩恵を受けて生産性を上げることができるようになってきました。2つ目は、生成AIが膨大なデータの中から既存のアイデアをつなげることで生まれる創発性により、人間の創造性を補完できるようになったことです。
 
富士通は、これらを「高い生産性を実現するAI」および「創造性を拡張するAI」と呼び、正しく実装することで「AIはわたしたちのバディ」となって人間の生産性と創造性を拡張していくと考えます。バディはある時は人間の相棒、ある時は先生、ある時は助手のように適切な形で人間を支援します。
 
人間が組織の中で生産性や創造性を高めるには、毎日利用している業務システムの中で、誰もがAIのバディと協働できる必要があります。組織の中で求められるAIのバディは、特定の業務のエキスパートであり、言語情報の解釈に加えて画像、動画、グラフ、音楽、専門分野の知見当のマルチモーダルな情報を駆使して人間に提案し、人間の意思決定を支援します。
 
富士通は、お客様が取り組む課題に対して明確な根拠に基づいた解決策を迅速に見つけられるように、特定業務の要求に応える「特化型のバディ」を提供します。業務特化型のAIのバディが、お客様のビジネスの生産性と創造性を拡張し、ビジネスのサステナビリティ・トランスフォーメーションと課題解決を支援します。

サステナビリティ・トランスフォーメーションを実現する富士通のAIテクノロジー

最新の視点・論考

オフィスのガラスボードの前で考えている女性エンジニア

Fujitsu Kozuchi

すぐ利用できる世界最先端のAIソリューション

お客様事例

富士通AIの特長

富士通独自の生成AI技術と、AIと計算技術を融合によりお客様のAI導入を加速

AIの主な応用領域

  • 画像:物体認識、物体検出、人物認識、車両認識、類似画像検索、行動分析、超解像、表情認識、画像異常検出、混雑検出、手書き文字認識
  • 音声・音響処理:音声明瞭化、話者識別、会話表示順最適化、環境音認識
  • 自然言語:文書翻訳、意味検索、チャットボット、FAQ検索、要約、候補選択、文章分類、固有名抽出、場所推定
  • 数値・その他:予測分析、データ異常検出、アノマリ検知、故障予兆検知、時系列データ分析、マッチング、リコメンド
  • 生成AI:プロンプトに基づいたテキスト、画像、その他のメディアの生成と変更、テキストの要約や翻訳、ブレインストーミング、Q&Aや知識管理、コーディング、バグ発見

その他のキーテクノロジーはこちら

関連リンク