Advanced Store Operation Service

労働生産性の向上、運用コスト削減、環境負荷の軽減を実現

労働力不足や労働環境の改善、店舗の生産性及び運用コストの改善に向け、AI・IoTテクノロジーを活用した店舗のデジタル化により、業務プロセスを最適化。

現在、労働力の高齢化や人手不足の問題、労働時間や労働環境の改善などが求められています。社会情勢の影響もあり、エネルギーコストの高騰についても無視できない問題となっており、店舗の労働生産性の向上や運用コストの削減が急務です。また、企業として環境負荷の軽減にも真摯に取り組む必要があり、これらを早急に実現せねばなりません。

富士通のAdvanced Store Operation Serviceは、グローバル基準の保守サービスや、各種タッチポイントおよびバックオフィスで得られるデータの利活用、不正検知・見える化といったAIテクノロジー活用により、店舗のデジタル化やリアルタイムでの可視化による、ビジネスプロセスの効率化、業務プロセスの最適化、およびエネルギーコストの削減を支援します。

解決へのアプローチ