ESG Strategy

環境・社会・企業統治に対する企業の社会的責任とサステナビリティへの取組み

地球温暖化の悪化を防ぐため、持続可能な未来を実現

ESG経営はすべての企業が取り組まなければならないテーマであり、今後もいっそう環境に配慮した経営が求められます。温室効果ガスの排出量削減、再可能性エネルギー利用、省エネルギーの推進などが挙げられ、いずれも気候変動に対する貢献に繋がります。​​

富士通のESG strategyは、リスクや問題点を可視化・分析するサービスを提供し、業界を超えたサステナビリティ事業の立ち上げに向けた戦略策定を支援します。環境への影響を最小限に抑えながら持続可能なビジネスモデルを構築し、企業の競争力を高めることで社会的貢献を目指します。

解決へのアプローチ

関連オファリング

Data Driven Innovation
CO2排出量の削減シミュレーションにより、削減施策の実行までの意思決定の早期化を実現
オフィスでノートパソコンを見ながら議論する2人のビジネスマンのショット
Energy consumption optimization service
多品種少量生産向けに、電力コスト削減と生産の効率化を両立する最適な計画を立案
壁にポストイットを貼ってアイデアを検討しているビジネス仲間
ESG & GHG visualization and Reduction service(SAP)
サイロ化されているESGの各種プロセスをつなぎ、かつ自動化し、持続可能な事業経営に貢献
楕円形の凹面を持つ多色のブロックが組み合わさっている画像
ESG & GHG visualization and Reduction service(ServiceNow)
サステナビリティを大規模にビジネスに取り入れることができる、全社的な機能と業種固有の機能を提供
遊歩道を歩く人々